求人放置プレー

求人放置プレー

HISJS株式会社

HISJS株式会社

50歳を過ぎているからかどうかはわからないが、ハローワークで紹介を受けた求人で「求人放置プレー」といえそうな不快な思いをした。
私が応募したのはHISJS株式会社という、上海のターミナルのテナント募集をしている会社。8月中旬に応募、ほぼ2週間に1回の割で先方には電話を掛け、進行状況がどうなっているか確認。確認の度に「決裁者の社長が出張のため不在、選考は全く進行していない。」との返事。
応募して3ヶ月が過ぎ、さすがに堪忍袋の緒が切れた。今日とうとう「御社は不誠実な会社ですね、余計なお世話でしょうけど、こんなでテナントを管理することなんてできるんですか?」と捨て台詞を吐いてしまった。
吐いた唾は飲まなきゃならない。そのままハローワークに電話、いい加減な求人企業に対する罰則規定の有無を聞いてみる。予想どおり何も無し、企業側担当者への注意程度。まあ、今までの経過を説明しといたけど、何にもならないだろうな。
まともに選考されて落っこちるのは仕方ないにしても、こんな求人のために手書きで履歴書、職務経歴書、志望動機にカバーレターを書き、写真を貼り、レターパックで郵送するという手間をかけたのかと思うと、本当に腹立たしい。
このような放置プレーは今回が初めてではなく、実は何回か経験している。ハローワークで求人紹介を受けるという段階ですでに「負け組」状態なのだろうな。

日記 , ,

コメントを残す