竹田恒泰さんはやっぱり人だった(当たり前だが…)

古い話しだが、本の帯にあった『自分の国がいつできたのか答えられますか?』とのフレーズに惹かれ、竹田恒泰氏の著書、「日本人はなぜ日本のことを知らないのか」を購入して読んだ。といっても、近所の古本屋で、なのだが。

少し長い引用になるが、氏は以下のように述べる。

我が国は『日本書紀』以来、千三百年以上の長きに亘って、正史を編纂しつづけてきた稀有な国なのである。そして、建国について王朝自らが書き記したのが『日本書紀』だった。しかも、世界の常識によれば、他国の権利を害さない限りにおいて、正史や神話に書かれた記述は「真実」と見做される。
ちなみに「見做す」は反証があっても覆らないことを意味する法律用語で、反証により覆る「推定する」と区別される。『日本書紀』は、正史であると同時に神話であり、そこに記される日本建国の物語は「真実」と見做されるのである。

浅学菲才の身である私にとって、この考えが本当に世界の常識なのかどうなのか確証を持つには至らないが、世界中で神話を精神文化の礎とする国が多数あることからなんとなく納得できるものであった。まあ、アミュニズムが精神文化の礎にある私のような人間にとっては、キリスト教やイスラム教などよりも、神道や仏教のほうが自分自身にピッタリくるのは当然だろうなあと改めて思わせるものがあった。(いったい、何のためにヨーロッパ中世政治思想史なんてのを大学で専攻したのやら…)

もし外国人から「日本という国はどのようにできたの?」なんて質問があったときの回答として、この本の「第Ⅱ章 子供に読ませたい建国の教科書」はとても良いものだと感じた。というのも、こういう建国史を信じている私が日本という国の興りに誇りを持っていること、同時に現在の国情にとても失望していることは、外国の人にも容易に理解してもらえるような気がするからだ。(あくまで、気がするだけなのだが…)

さて、明治天皇の玄孫に当たる竹田恒泰氏だが、『鳩山由紀夫・右翼団体街宣車から罵声!』、『恥の上塗り・吉田所長の功績を横取りしてた菅直人が敗訴』でのはしゃぎぶりを観ると、まあ、脇の甘い軽い人だなぁと思う。当然なのだが、この世にはもう神の一家はいないのだ。

日記

ディスプレイの壊れたノートPCをリモート・デスクトップでコントロール

数年前のある雨の朝、職場に急ぐ私は、スロープの鉄板に滑って背中から転倒してしまった。背中のナップサックに入っていたThinkPad X121eは、転んだ私の体重を一身に支えた結果、ディスプレイの液晶は割れて表示器の役割を果たさなくなった。Lenovoの修繕見積ではなんと6万5千円。修繕の代わりに、修繕代よりも安く中古のThinkPad T430と16GBの追加メモリを購入し、それを数か月前に空き巣に持っていかれたのは別の話し。

現在、このX121eは、自宅のTVにHDMI接続し、ワイヤレスのキーボード/マウスを使って、動画を見たりデジタル・オーディオを再生したりするのに使っている。手軽に持ち運びができるわけではないが、アプリケーションとしてはスティックPCと同じように使っているといえよう。

ただ、難点はある。リビングでリラックスした状態でのマウスとキーボードの操作は、デスクに座ってのそれらを操作するのとは異なり、かなり難しい。それは、テレビの画面が広いので、マウスの動きが速くてどこにマウスがあるのか見失ってしまうからだ。表示解像度を下げればかなり改善するが、テレビ側に合わせた16:9のアスペクト比で横幅を小さく取れば縦が極端に短くなってしまい、サイトの見渡しがとても悪くなってしまう。

そこで、思いの外便利だったのがリモート・デスクトップを使っての操作だ。この方法はYouTubeなどで短い動画を検索しながら見るのには適当ではないが、GYAOで映画を再生したり、音楽を再生しっぱなしが多い私の場合は、これで操作時のストレスがなくなった。capt1

X121eにインストールされているソフトはWindows7 Home Editionだったので、Windows標準のリモート・デスクトップは利用できない。というか、リモートデスクトップでコントロールされる側(ホスト)になることができない。Windows標準のリモート・デスクトップの代わりに、コントロールする側、される側両方のPCにTeamViewerをインストールすれば、リモート・デスクトップ環境はとても簡単に実現できる。TeamViewerは商用以外では無料で使用できる。

キャプチャTeamViewerの導入で、このX121eにインストールしていたままになっていたiCloud、DropBox、それにUbuntuOneの削除にもつながった。というのも、TeamViewerの導入でこのX121eから外部に出ていくパケットをNetstatで調べた時に、これらのサービスのために思いの外多くのポートが開いていることが分かったからだ。UbuntuOneに至っては、Windowsのアンインストーラがとても杜撰な作りだったようで、サービス停止でアンインストールした後もソフトそのものは削除しておらず、起動時に自動で立ち上がりパケットをどこかに送っていたようだ。

日記 , ,

Piwik を設置して、トラッキングしてみる

Piwik Statistics ‹ ごまめの歯ぎしりっ Part2 — WordPress契約しているサーバーのホスティング会社が無償で提供しているサブドメインにPIWIKを設置し、このマイナーブログへの訪問状況を可視化できるようにした。
インストールは、サブドメインに設定したフォルダーに、ダウンロードしたPIWIKの圧縮ファイルを解凍し、ブラウザーでそこにアクセスして画面表示に沿って設定していくだけで完了するという超手軽なもので、インストールマニュアルを見る必要もなかった。
また、WordPressで運用するサイトでは、プラグインを利用すれば簡単にPIWIK用のAPIやトラッキングコードを埋め込み、サイト管理のダッシュボード上でトラッキング状況を確認することができる(ようだ…)。
まだ設置したところなので、当然まだ何も表示されないが、これから何が表示されるのか少し楽しみだ。

日記 , ,

私、大阪人。選挙はとても憂鬱です。

大阪W選挙が迫っている。橋下氏を代表にいただく大阪維新の会、安倍氏を総裁にいただく自民党、どちらも嫌いな私にとって、投票すべき人物がいないW選挙だ。
今年5月17日、大金をかけて行った「大阪市特別区設置住民投票」の結果否決された大阪都構想を蒸し返す大阪維新の会、安保法案成立経緯に批判が集まるのを恐れるあまり反維新しか争点にしない大阪の自民党府連…
私には、今の大阪の政治情勢は、具体的な大阪の再活性化策や自治体住民の生活改善のためのビジョンのないまま、行政の話しに終始して空転を続けているように思われる。
資産売却、生活保護の打ち切り、人件費のカットなどによる財源の確保策ではなく、大阪に根をはって健全に生活を行ってもらうための議論を行ってもらいたい。
最近の選挙では、自分の政治信条とは相容れないが、既存候補に反対票を投じるという意味でのみ共産党候補に投票し続けてきた。しかしながら、今回の選挙では偽装無所属といえそうな自民党公認候補にその共産党ですら相乗りしてしまった。共産党にとっては、安保法案や原発再稼働に反対するよりハシズムのほうが恐ろしかったのだろうか。大阪市は関西電力の大株主。その大阪市の長が自民党系になることは、そりゃ恐ろしい。

日記 , ,

Windows Live Writer を使っての投稿

これはどうかな? スタイルシートをダウンロードしていたし、なんとなくこちらのほうが安心できる…

日記