私は、「ふきお」です。

私は、「ふきお」です。

Winnie-the-Pooh

Winnie-the-Pooh

簡単にいえば、こんな感じの50歳をとうに過ぎたむっさいおっさんです。あ、ここまでは愛らしくありません。
ここでする話しではないですが、子供のころ心から楽しんで読んだ石井桃子訳のA.A.ミルンの「くまのプーさん」が、いまやディズニーのアニメ一色になってしまっているのを悲しんでいます。「こぷた」は「こぷた」だし、「トラー」は「トラー」でいてほしい…
このままだと、CSルイスの「ナルニア国物語」(これって井伏鱒二訳だったような気がするのですが)もディズニー色になっちゃうんだろうな、というか、なってるんでしょうね、もう。
そういえば、好きだった「ムーミン」が、東京ムービー/東北新社の手によりオリジナルの気持ちのいい不気味さが無くなったことにも強い憤りを感じました。まあアニメになったおかげで日本国内では広く知られるようになったのですが。私はそれで両社の名前を覚えました。よって、両社に好印象はありません。
これらの例でお分かりのように、私の子供時代は「岩波書店」の児童書は、私の宝物でした。私は、ものをねだったりすることのない、物わかりのいい(ふりをする)子供でしたが、生涯唯一親にねだったのはナルニア国物語第6巻の「魔術師のおい」でした。たまたま、この本はナルニア国物語のストーリーの始まりでもあり、全巻読み終わったときに不思議な符合を感じました。
いいたいことは「ドリトル先生物語」にもあるのですが、このあたりで止めておきます。
私について、箇条書きで書けば、だいたい以下のとおりです。

「ふきお」

  • 生息地       東京
    新宿周辺のJR山手線の内側を徘徊(おっと、これは自宅も仕事場も新宿駅からすると山手線の内側にあり、なんでも徒歩で済ませていることを示しているだけです。)
  • 家族        無し/一人暮らし
  • 出身        大阪市
  • 職業        デジタル/アナログ工房のマーケティング/営業担当
    具体的には株式会社アイジオという DAコンバータ/ヘッドフォンアンプのメーカーのマーケティング、広報、営業をしながら、自分の生涯の残りをかけて何をすべきかいまだに模索しているところです。
  • 略歴
    • 大学入学前に中学校の事務職員を経験
    • 卒業と同時に独立系PR会社に入社、5年間在籍
    • クライアントだった電子楽器メーカーに入社
      国内/海外のマーコムを担当。ぜんぜんだめだった英語を多少は使えるようになった。私のFACEBOOKでの友人であるアメリカ人は、このころ、商品の良さを限界まで引き出した素晴らしい演奏をしてくれた人です。
      結局、14年間もこの会社にいました。今思えば、時代のせいもあるだろうけど、温かい、ほんとにいい会社だったなぁ。
    • 携帯システムの開発会社に転職するも、システム開発中止になり退職
    • 元いたPR会社に再入社するも、居心地悪くて退職。社長すいませんでした。
    • 個人資産家の個人会社に入社、海外荘園の管理業務を経験
    • 以降、フリーで活動
  • 趣味
    • コンピュータいじり
      ひたすらコンピュータの動作環境の整理に時間を使う。現在、自宅でも3台のパソコン、しかもいずれも中古の古いもの、がCPU能力以上の作業をさせられて泣いている。何かで動作がおかしくなると、嬉々として動作環境の見直しにかかる。ふー、これじゃまるで変態だな。
    • Spector Bass

      Spector Bass

    • 音楽
      聴くのも演奏するのも(もちろん、下手の横好きですが)好きです。
      よく聴くのは、80年代~90年代のファンク、ディスコ、それにブリティッシュ・ジャズ・フュージョンなどです。根性のある日は、クラシック・プログレシブ・ロックも聴いたりします。
      演奏するのは、ベースギターです。以前はフェンダーのジャズベースやミュージックマンのスティングレーベースなどを使っていたのですが、いまは小ぶりで弾きやすいスペクターの再生産ものを使っています。今まで使った中で最低だったのは、BCリッチのモッキンバードベースです。持った時のバランスが悪くて、立って弾けませんでした(笑)。自宅ではベース・アンプは使わず、ステレオのラインからヘッドフォンで弾いてることが多いです。おかげで、携帯では難聴気味です
    • 読書
      上で書いたことでもご想像いただけるとおり、ファンタジーやSFが好きです。例えば、パーンの竜騎士とかノースウェストスミスとか… こんなからみからか、漫画でもベルセルクのようなものが好きです。
      歴史ものも大好きです。どちらかといえば、中国やヨーロッパの歴史のものを読みます。朱蒙をきっかけに、朝鮮の歴史を調べてみたりしても楽しんでいます。しかし、自分が調べた限りでは、戦後歴代日本政府の対朝鮮外交は間違っている感を強くしました。これについては、いつか書いてみるつもりです。

あー長くなってしまいました。このあたりにしておきます。

コメントを残す