夏越の祓

夏越の祓

時は水無月のつごもり、その日が年に2回ある大祓のひとつ、夏越の祓(なごしのはらえ)の日である。
私がたびたび詣でる東京大神宮でも、6月30日に大祓式を行うので、安全と無病息災を祈願することができる。
夏越の祓は、我々が知らず識らずに犯した過ち、罪、禍いを祓い清め、夏を迎えるための行事であり、茅の輪くぐりをして厄除神事とする。
は勢い良く真っ直ぐに成長するところから、邪悪を寄せ付けないとされ、その茅で作った茅の輪を三回くぐることによって、夏の厳しい暑さを無事に乗り切ることを祈願する。
写真は、妹が訪れた奈良県三輪の大神神社の茅の輪。本来であれば、神社の氏子が茅刈をし、茅の輪を作る。
ちなみに、6月を示す水無月の「無」は、無いの「無」ではなく、「の」にあたる連体助詞「な」であり、水無月は「水の月」という意味。
神無月の「無」も同じ。

日記 ,

コメントを残す