私が英会話学校で職を得たわけ

私が英会話学校で職を得たわけ

英会話学校で働くようになった、と言ったら私を知る多くの人は驚くと思う。
特に私の学生時代を知る人は、私の英語嫌いを良く知っているのでなおさらだろう。
しかし私は、幸いなことにメーカー勤務の間に英語に慣れなければどうしようもない場に身を置くことがあり、不満足な状態のままではあるが英語に慣れることだけはできた。

第3の開国がマスコミで喧伝されるように、大手企業のみならず地方の町工場においても国際化の進展が急激に進み、日本国内においても英語のニーズは益々、しかも急激に大きくなっている。
この傾向は、たとえ日本国内においても、好むと好まざるとに関わらず英語を話せないと、就職面でのハンデなど、ある意味社会的に孤立してしまうというような日が近年中に来ることを予感させる。

一方、この渦中にあるほとんどの人の状況は、私のように幸運ではない。
大多数の人が英語は話せないよりは話せるほうがいいと考えているが、実際に英語を習得しようと行動を起こす人はそう多くない。
また、たとえ行動を起こしたとしても志半ばにして挫折する人も多い。

できるだけ早く、できるだけ多くの人に英語を習得しようとする決断のきっかけを提供し、実際に行動を起こした人たちが自分のペースで最後まで諦めないで習得する手伝いができれば、結果として世の中の多くの人の夢を実現する手伝いができるのではないか。

長らくのフリーランス生活を止め(きっと「辞め」よりこっちの漢字の方が正しいだろう)、英会話学校で職を得ようと思った理由はここにある。
今、自分自身では、この日本国民のためになると思えることを生業としていけるようになったことに誇らしい気持ちを抱いている。

私自身が英語を教える訳ではないので、私の英語力をご存じの方もご安心を(笑)。

日記 , ,

コメントを残す