日経ビジネスオンラインの小田嶋隆氏のコラム

日経ビジネスオンラインの小田嶋隆氏のコラム

我が心はICにあらず

我が心はICにあらず

私は1988年に出版された『我が心はICにあらず』以来、小田嶋隆氏の隠れファンだったような気がする。タイトルは高橋和巳の「我が心は石にあらず」のパロディーだろうが、その内容は(記憶なので定かではないが)The Basic というコンピューター専門誌で連載されていたコラムをまとめたものだったと記憶している。純粋に自分自身の浅薄な印象で恐縮なのだが、私は氏の「なんとなくアウトロー」を感じる価値観に共感していたのだと思う。

今日、日経ビジネスオンラインで「私も原子力について本当の事を言うぞ」を読んだ。ここに記されている読売の社説批判の切り口は、たいへんストレートなものであり、もっと注目されてしかるべきだ。
原発推進を「マッチョ」に魅了された中二病としている、いかにも小田嶋氏らしい比喩については、私が感じていた小田嶋氏の「アウトロー」価値観は間違いないとの確信を得た。
ただ、ここで軽妙に描かれた以上の恐ろしさを読者は十分に認識せねばならないとも感じた。

日記 , ,

コメントを残す