ScribeFire経由の投稿

それなりに良さげな評価があったので、Chromeの機能拡張であるScribeFireから投稿する実験。

マークダウンがどの程度反映されるか

なんともとにかく入力してみる。
ごまめの歯ぎしりっPart3へのリンクは:ごまめの歯ぎしりっPart3

引用のテスト
小諸なる古城のほとり雲白く遊子悲しむ
緑なすはこべは萌えず若草も籍くによしなししろがねの衾の岡辺
日に溶けて淡雪流る
あたゝかき光はあれど野に満つる香も知らず
浅くのみ春は霞みて麦の色わずかに青し旅人の群はいくつか畠中の道を急ぎぬ
暮行けば浅間も見えず歌哀し佐久の草笛
千曲川いざよう波の岸近き宿にのぼりつ濁り酒濁れる飲みて草枕しばし慰む

日記

Pagekitを導入してみる

しばらくこのブログへの投稿を行っていなかったのだが、どうもサーバーがかなり増強された(?)ようで、以前から比べれば嘘ほど軽快に動作するようになっていた。

本来ならば、これを機会に、このブログのプラグインを厳選して、デザインも今風のものへ変更するなど、このブログを充実させるべくいっそう注力すべきなのだが、今や何をどう設定してどのような依存関係になっているかもわからない。

なので、システムの自動更新だけを行うようにして、このまま使用し続けることにしている。

このブログで唯一新しいこととしては、Tabele of Contentsプラグインを導入してみたことくらい。

これでマークアップで作成した投稿は、ヘッダ設定で目次が作成されるようになったはずだ。

一方、Pagekitの正式版が利用できるようになり、いっそう集中して投稿できそうな環境が整っているので、思いつくよしなし事はそちらに書き綴るため、あらたにごまめの歯ぎしりっPart3を開設することにした。

少し使った段階でのPagekitの利点

  1. 書くことに集中できる
  2. 新しいシステムで、構成がシンプル(?)なので、動作がとても軽快。
  3. 直接自分でもシステムに手を入れることができるような予感を抱くことができる。

Pagekitの弱点

  1. プラグインが充実していない
  2. テーマの数もまだまだ
  3. jsのお勉強が不可欠のような気がする
  4. 日本語のソースがまだ少ない

今後の予定

とりあえず、今のところはこんなとこかな。

日記

地方への大学誘致

岡山理科大学獣医学部、千葉科学大学水産・獣医学部など、地方への大学誘致についていろんな議論が起こっている。

地方に大学を誘致する際、誘致する側が地方財政に異常な負担を強いてまで誘致するのか、私には全く理解できない。

キャプチャーは2017年3月29日のWEB版苫小牧民報のキャプチャーだ。

苫小牧民放2017/03/29

苫小牧民放2017/03/29

苫小牧市は、苫小牧駒澤大学の開校のため、1996年に市有地から10ヘクタールを無償譲渡、5ヘクタールを無償貸与、さらに開校資金に50億円を提供したとのこと。

2017年度の苫小牧市の一般会計予算規模は750億円でそのうち教育費すべてで32億円(教育総務費(11億円)、小学校費(11億円)、中学校費(5億円)、社会教育費(4億円))。時代が違うので直接は比較できないが、市の財政上、壮絶な犠牲を払って誘致したことには間違いない。

苫小牧駒澤大学の学生数は、国際文化学科:在校生131名(定員に対し44%)、キャリア創造学科:59名(定員に対し20%)、国際コミュニケーション学科に至ってはわずか9名(現在募集停止中)という状態であり、これを18名の教員と23名の職員が支えている。

苫小牧駒澤大学教員職員数

苫小牧駒澤大学教員職員数


苫小牧駒澤大学生徒数

苫小牧駒澤大学生徒数

苫小牧市は、この苫小牧駒澤大学開校のために、実に東京DOME10個以上の土地を無償譲渡・貸与し、50億円の資金を提供したのだ。

来年度、苫小牧駒澤大学の経営は学校法人京都育英館に引き継がれる。京都育英館は専門学校、日本語学校を経営する学校法人育英館を母体として設立された学校法人。2013年に閉学された京都市立看護短期大学を引き継ぐことが決まったのちに京都看護大学を運営するために設立された。育英館そのものは、日本の主に国公立大学進学をめざす外国人学生のための日本語教育機関として高い実績があるとのこと。

さて、生徒一人当たり30万円の入学補助を市が提供したという吉備国際大学南あわじ志知キャンパスでも年々新入生が減少しているとのこと。地方自治体は冷静になって具体的な将来像を描いて学校誘致を行うべきだ。

参考リンク:

日記

CORESERVERに設置したWordPressで500エラーが発生

500エラーが発生

500エラーが発生

CORESERVERでWordPressの管理画面へのログイン時に500エラーが発生していたので、その回復方法をメモ。
2カ月ほど前からこのため、ブログの管理画面に入れなくなっていた。サイトそのものは普通に表示されているのに、いざログインしようとするとの500エラーが発生するのだ。
派手にシステムを弄った記憶は無かったので、共有サーバーゆえのアクセス過多かなと放置しておいたが、いつまでもログインできない。
遅まきながら思いついたのが、ワードプレスのプラグインの自動更新。wordpress.comを使ったこの機能をかなり前にアクティブにしたことを思い出したのだ。プラグインのどれかを自動更新した際に、不具合を起こすようになったんだろうとようやく思いついたのだ。
いったんpluginsディレクトリを違う名前にリネーム、プラグインを起動しないようにしたら、いとも簡単に管理画面にログインできた。
後は、プラグインを一つずつアクティベートし、その都度管理画面に入りなおして(かなり面倒だけど…)確認したところ、ZenCacheというプラグインが原因だったようだ。再アクティベートしたプラグインをディアクティベートするには、当該プラグインのディレクトリをリネームすればできる。
このプラグインの代わりに、Automattic製のプラグインなので、まぁ大丈夫だろうと WP Super Cache を使うことにした。今のところ、幸い無事に動作している。
うーん、他のWordPressのサイトも修正しなきゃなんないな…
ついでにPHP7にしてしまおうとしている危険な自分がいる。

日記 , , , , ,

弁護士ドットコムの驚きのコメント

弁護士ドットコムでの『社員が「マイナンバーを提出したくありません」そう言われたら企業はどうすればいい?』という記事を読んでいて、記事そのものよりも、そこに付けられたコメントに目が点になった。

いわく、

弁護士ドットコム記事コメント

Isao Doumoto · 豊橋技術科学大学大学院
片手おちですね。中小には、各省庁から、マイナンバー提出が、法的な義務でないことをお達ししたはず。むしろ、提出した場合、法的義務が、企業も個人にもかせられることに触れないのはいかがなものかな?付け加えて、住民票にマイナンバーを記載する事を拒む自治体があることは、問題だろう。
いいね! · 返信 · 1 · 2016年1月1日 16:37

Minoru Kawaguchi · 三菱電機コントロールソフトウェア グループリーダー
国税庁には、マイナンバー未提出の人物から順に脱税の被疑者として洗ってほしい。
いいね! · 返信 · 1 · 2016年1月3日 9:20

Michihiro Isobe · Funabashi, Chiba
うちの会社はセキュリティの関係上、親兄弟親戚に至るまで出自を提出させている。
それを拒否すれば解雇まではしなくとも重要な役職には付けない。これは過去にも業界全体にも産業スパイが横行しているため。マイナンバーは大賛成である。
いいね! · 返信 · 2016年1月4日 13:56

記事についていた3つのうちの下2つ、この人たち、すごいよなというか肝が据わってるというか…

なんでマイナンバー未提出の人物は納税の被疑者につながるのか?こういう考え方が、マイナンバー提出する意欲を削ぐんですよ、って思う。マイナンバーって脱税防止のためのものではないだろうに。

また、最後の人、あなたのコメントの文脈からすれば、その収集目的はマイナンバーの利用用途から完全に逸脱してますよ、というか、もし一企業がこんな用途にマイナンバーを利用できるのであれば、制度そのものがおかしいよ。

個人的には、事務効率化のためにはマイナンバーは必要かもなと思っていたが、こんな考えの人がもし多いのならマイナンバー制度に反対したほうが良いのかもしれない。

日記 ,